てんせんめん創刊号「幽体離脱しちゃったみたい。」

¥ 1,260

※こちらの価格には消費税が含まれています。

※この商品は送料無料です。

通報する
<>外部サイトに貼る
外部サイトへの埋め込み方

下記コードをコピーして、あなたのwebサイトのHTMLに貼り付けてください。

クリエイティブジャーナルてんせんめんの創刊号であり、2013年のてんせんめんの企画展示「幽体離脱しちゃったみたい。」のカタログでもあります。ユング心理学分析者や、展示作家へのインタビュー、対談などを30000字のロングインタビューで納めております。人間にとってイメージすることの意味とは何かに迫ります。泣ける話し、いい話し。深イイ話しをぜひ手に取ってご覧下さいませ。
ネット販売でのカタログは1260円+送料無料となります。
tensenmen.com
B5版/28頁
目次
●「不可視なものー幽体離脱するための芸術」
佐藤哲至
対談
●「イメージのちから」
塚本純久×イムネ申
作家インタビュー
●「時代を共有するという感覚はふるさとに似ている」
たけのこうしろう
●「多重露光のようにあらゆるものを重ねていく」
越田乃梨子
●「技術には冷たさや、不自由さが元々あります」
人見麻紀